chambre de charme×akiko takeuchi

「手さぐりの春」プリントシリーズ

 

 

シャンブル ドゥ シャームと武内明子のコラボ商品(ワンピース、スカート、バック)は商品がなくなりましたので、販売を終了しました。ありがとうございました。


武内明子の絵

ART FAIR ASIA FUKUOKA
2018

9/7Fri.  9/9Sun.

■ プレビュー Preview  VIP&Press, (invitation only)
7 (金) 12:00-19:00 

■ 一般公開  Public Admission
8 () 11:00-19:00 
9 (日) 11:00-18:00 

メイン会場 ホテルオークラ福岡9階フロア 福岡市博多区下川端3-2

 

 


武内明子コラボ
akiko takeuchi × chambre de charme  

武内明子×chambre de charme  

手さぐりの春

2018年3月2日→25日

※原画や絵の展示をします

キラリナ京王吉祥寺(駅ビル) 5階 chambre de chaeme店内


武内明子×chambre de charme

「手さぐりの春」プリントシリーズ予約開始

 

 

武内明子の描いた絵が、シャンブル ドゥ シャームとのコラボ企画で、ワンピース、スカート、バックの3点の商品になりました。

柄は、『はっぱのあいだ』『きいろがさいた』『レンガのお庭』の3種類。

AMBIDEX Store

ZOZOTOWN

での先行予約が始まりました。

全国のchambre de charmeでの店頭販売は3月より始まります。

 


ワタリドリ計画
祝・ワタリドリ計画結成10周年!

麻生知子と武内明子のワタリドリ計画は2018年で結成10周年を迎えます!

 

岡本太郎現代芸術賞

http://www.taromuseum.jp

2018年2月16日(金)→4月15日(日)

2月18日(日)14時〜(予定)

ギャラリートーク 

ワタリドリ計画(麻生知子・武内明子)

ワタリドリ計画 http://www.wataridori-keikaku.net

 

 


VOCA2017

2017年3/11〜3/30

10:00~18:00(入館は30分前まで) 

会期中無休 

一般600(500)円/大学生500円/高校生以下無料

上野の森美術館


武内明子展 瞼の裏の歌

2016年9/19〜10/30 →長崎次郎書店

熊本にある本屋さんで個展します。→「瞼の裏の歌」

 

 

<ブックカバーになるフライヤー三種>


アーティスト・イン・レジデンスつなぎ2015

2015/5/20より熊本県葦北郡津奈木町で滞在制作しています。

滞在制作の様子→夜にねんかかる

9/19~11/29 武内明子展 

「文無日記/風にねんかかる」

つなぎ美術館


AKIKO TAKEUCHI EXHIBITION 武内明子展

-空と空っぽ,土g- そらとからっぽ,つちぐらむ

 

2014年9月6日~28日closed Monday 

13:00~20:00

Gallery MORYTA -ギャラリーモリター

http://www.g-morita.com/

〒810-0042 福岡市中央区赤坂3-9-28 ロフティ赤坂2F

Tel:092-716-1032
Fax:092-732-7327

e-mail:info@g-morita.com

 


武内明子展 なんていう色

 

2014年3月22日~3月31日

am.11:00~pm.7:00

 

なかお画廊

〒862-0916

熊本市東区佐土原1-13-2 

℡096-368-9562

http://nakaogallery.com/

なんていう色

 水風呂に入ると初めは身が縮むように冷たく感じるのが、そのうち寒くなくなるばかりか、水の中を自由に浮遊しているような不思議な快感がやってきます。武内明子の絵に感じる魔力はどうも、その感覚に近いような気がします。

赤は情熱、黒は闇で、ピンクは優しく緑は穏やか。図工の授業で使う12色の絵具箱の世界のみで育った身には、色はある種のイメージを強固にまとった名前でしかありません。ところが彼女の絵の赤は寂しくピンクは不穏で、黒は甘やかに匂いたち、そしてあの色は――緑と青の中間の、違うどちらでもない、名前のない色で、――そこまで来て、いやすべて名前のない色だったと、ついに思い至るのです。

いったい彼女の眼には、世界はどう映っているのか。この世界をあのように描けることを、すごいと思って見ているけれど、「え? 見えてるままに描いてるだけですよ」って言われたら、どうしよう。どうしようと言ってどうもしないけれど、たぶんひどく動揺する気がします。自分の世界が崩壊する気がして。だから訊いてみたことがない。

一見すると美しく、儚げで、透明な夢のようなその絵の内側に、かように人をうろたえさせかねない、暴力的なまでのパワーが潜んでいるのです。その渦に身をまかせ、あらゆるイメージの鎧から解き放たれた時、あの快感は舞い降りてくるのかもしれません。

 若木まりも


武内明子展 空に道とかあるの?

 

2013年9月26日(木)~10月6日(日)

am.11:00~pm.5:00

ギャラリーテムズ

〒184-0013 東京都小金井市前原町3-20-2

℡042-384-3564

 

 

 

 


 

第一回踏切前画廊 白肌4・武内明子展

2013.1.18-1.27


.......................minikitene.................................

.....................................................................

カーテンコール
カーテンコール

10/25発売、講談社「ノバリエ」秋号の角田光代さんの巻頭エッセイの挿画を担当しました。

一枚の絵が半分半分見開き2ページになっています。

 

 

 

.......................................mitemitene..........................................

................................................................................................


2012年10月5日~11月4日

「麻生知子・武内明子 二人展」

同時開催:ワタリドリ計画 第14回小国展「小国旅カルタ」

坂本善三美術館

http://www.sakamotozenzo.com/

...............asobinikitene.....................

.....................................................